<   2012年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

Reining

 車を降りると、冷えた空気が胸に染みてくるのを感じました。
 背筋に寒気がはしり、思わず体を固くしていました。
 日中ですが氷点下の気温に間違えなく、かろうじて暖気をまもっていた低く弱々しい陽射しも、足早に山陰にかくれてしまいました。
 それでも馬たちは快活で、触れると厚くした被毛の下に人より少し高めの体温を保っています。
 背をかりて馬を動かしはじめると、すぐにジャンパーなど不要なほど体があたたまってきます。
e0163202_19441129.jpg








 この日のパートナーは、レイニング・ホースのブラックジャック君です。
 艶やかな被毛。
 筋肉質の肢体。
 従順な性格。
 しかし様々な「技」をもった美しい馬です。
 早速クラブ長さんが、自ら乗ってスライディングストップやスピンを見せてくださいました。
 目の前に、ビデオでしか知らなかったカウボーイの世界が現われたのです。
 立ち尽くし、しばし見とれてしまいました。

 さて、おじさんははじめてなので、速歩からの急停止、つづけてスピンのまねごとをやらせていただきました。
 もちろん上手くはいきませんでしたが、馬が素晴らしいためか、何となく練習すればできそうな気分になりました。
 奥深く難しいのでしょうが。。
 楽しい乗馬ができました。
e0163202_1944420.jpg








 ブラックジャック君の鞍。
 某有名鞍職人の手なる立派な鞍でした。
 工芸品と見てもうつくしく、芸術の域だと思いました。
e0163202_19441527.jpg








 おまけ、、
 チョロQくんは、とても忙しそうに、、
 穴を掘っていました。
 もう完全に頭が入っちゃうくらいの大きさなんですが、それでも前足の勢いは止まらないのでした、笑。
e0163202_19443263.jpg

[PR]
by musignytheo | 2012-12-28 20:24 | riding | Trackback | Comments(0)

Les Pucelles

2000 Puligny-Montrachet Les Pucelles, Domaine Jean et Fils Boillot

 まだ黄緑の成分をかすかに残す、淡い黄金色。液体の粘度が高くとろみを感じる。
 洋梨のジャム、ドライ・アプリコット、栗のムース、蜂蜜、トースト、発酵バター、焦がしバター、湿った石灰のようなミネラル、ヘーゼルナッツ、モカ・クリーム、カスタード・プリンなどの香り。まさに偉大なシャルドネの熟成香。うっとりするしかない。
 味わいはバランス良く、コアもしっかりと定まりボディに厚みもあって盤石。酸の美しさ余韻の長さとも申し分ない。
 こういう偉大なワインには生涯にそう何度と出会えるものではない。きっと長く記憶に留まるであろう素晴らしい飲み物だった。
e0163202_19131354.jpg








  アスパラ2色とスモークサーモン
e0163202_19332151.jpg








 エコシュリンプと天然海老のソテー アメリケーヌ・ソース
e0163202_1936529.jpg

[PR]
by musignytheo | 2012-12-27 19:53 | wine | Trackback | Comments(0)

Theo's Christmas


Dal: 「ておちゃん、いいこと、おしえてあげよっか?!」
  ひそひそ、、、
e0163202_198522.jpg








Dal: 「ねえ、ておちゃんったら、きいてるの〜?」
Theo: 「Dalちゃん、のっからなくったって、きいてるよ〜」
e0163202_1982754.jpg








Dal: 「あのね、きょうはクリスマスだから、ぷれぜんとがもらえるのよ〜」
Theo: 「・・・???」
Dal: 「ほらっ、ねっ、、」
Theo: 「あ、ほんとだ! ほねっこだ〜」
e0163202_1991485.jpg








Dal: 「かみかみして、いいのよ、、、」
Theo: 「うん、かみかみするよ〜」
e0163202_1985743.jpg

[PR]
by musignytheo | 2012-12-24 19:24 | dog | Trackback | Comments(4)

Wine Party Dec. 2012


 先週末、ソレイユのママさんをお迎えしてワイン会をしました。



2009 Château Le Grand Moulin

 黄緑がかった輝く淡いイエロー。
 青リンゴ、熟したレモン、洋梨、ミネラル、アニス、コリアンダーなどの香り。
 味わいは、アタックはやわらかく、酸は中庸。ミネラルが豊か。アフターに上品な苦味がある。バランスの良いワインだが、まだ若かったようだ。
e0163202_193953100.jpg






   

  キャロット・ラペ
e0163202_1941471.jpg








  海老とオリーブのガーリック・オイル炒め
e0163202_19422947.jpg








1996 Volnay Chanlins, Fontaine Fouquerand

 レンガ色の成分が支配的になりはじめたガーネット色。澱は少量。
 赤系果実コンフィ、赤バラのドライフラワー、ハイビスカス、紅茶、中国茶、八角などのオリエンタルスパイス、なめし革、シガーなど。心地良い熟成香。
 味わいは、アタックから広がりを感じ外向的。しかし酸は緻密で余韻長く、中盤も焦点が定まっており深い味わいをもっている。マイナーな1er畑だがかなり充実していた。
e0163202_19423978.jpg








  牛肉のソテー 胡桃と生クリームのソース
e0163202_19425192.jpg








  ベーコンと栗のリゾット
e0163202_19423034.jpg








  パンプキン・ムース
e0163202_19425957.jpg

[PR]
by musignytheo | 2012-12-21 20:14 | wine | Trackback | Comments(0)

Canter & Trot 13

 昨日は時期外れの小春日和と言いたくなるような陽気でした。
 標高1000mのこのクラブも、かなり暖かかでした。
 シャツ一枚でも、乗馬していると汗ばむほどです。
 馬たちも束の間のおだやかな陽光を楽しんでいるようでした。
e0163202_2212284.jpg








 クラブハウスの窓越しに見た富士山です。
 育ちすぎた樹々を伐採したようで、眺望が一段と良くなりました。
e0163202_2213817.jpg








 この日は、道産子のごん太の背を借り二鞍つづけて乗馬しました。
 途中、はじめて6名での部班運動にも参加しました。
 まわりは上級者ばかりでしたので、迷惑をかけないように真剣です。
 良い経験をさせていただきました。
 皆さんが馬を降りてからも、ごん太は帰られずおじさんの付合いをさせられました。
 汗びっしょりになって、駈歩をしてくれました。
 ありがとうね、ごん太!
e0163202_2215588.jpg





 
[PR]
by musignytheo | 2012-12-17 22:18 | riding | Trackback | Comments(0)

Faconières

1998 Morey-Saint-Denis Faconières, Louis Jadot

 レンガ色が見えはじめたガーネット色。14年を経てまだ若々しい。
 チェリーやカシスのリキュールのような凝縮した果実の香り。メース、ミネラル、枯れ葉、紅茶、なめし革、黒土などのきれいな熟成香が主体。ゲイミーなニュアンスもある。
 味わいは、アタックから力強く、ミッドも焦点が定まって厚みがある。酸もかなり豊か。まさにクラシカルなブルゴーニュ、ヴァン・ド・ガルトといった佇まい。ジャドのスタイルなんだろう。まだまだ長い寿命が期待でそうだ。
e0163202_1911186.jpg








  ワインビーフ脛肉の赤ワイン煮
e0163202_19111826.jpg

[PR]
by musignytheo | 2012-12-16 20:01 | wine | Trackback | Comments(0)

Financier

 『フィナンシェ』
                            by N。


 専用のフィナンシェ型を使い高温・短時間で焼きあげることで、外側はカリッと、中はしっとりとした食感になります。
 材料はとてもシンプルですが、焦がしバターを丁寧に作ることで奥深い味わいが生まれます。
 藤野真紀子さんのレシピで作りました。 
e0163202_19361318.jpg


 
[PR]
by musignytheo | 2012-12-11 19:38 | baking | Trackback | Comments(2)

Canter & Trot 12

 週末は、ノースランド・ライディング・クラブに行ってきました。
 丸馬場には、うっすらと雪が。
 いつも練習する馬場は、表層は手がはいって起こされているのですが、砂の深いところは固く凍っているのでした。
 転んだら痛そう、絶対に落馬はできません、笑!
e0163202_19352535.jpg








 暖かいクラブハウスのなかに入ると、ダックスのミントがそんなに近づくと引火しちゃうぞっていうくらい、ストーブの目の前に陣取っています。
 大好きなスタッフのAさんに抱き上げられ、この表情です。
e0163202_19355193.jpg








 さて、この日ははじめての馬、木曽馬のコータローの背をかりました。
 命名のいきさつは分かりませんが、実は女の子なのです。
 視線が低く、反動も小さめ。
 性格も大人しいので、ちょっと安心。
 一生懸命なところがかわいらしく、楽しく乗らせてもらいました。
 かなり寒い日でしたが、降りるころにはヘルメットの中にたくさん汗をかいていました。
 しかし、しかし、まだまだ乗馬における課題が山積のおじさんなのでした。
e0163202_19362561.jpg

[PR]
by musignytheo | 2012-12-10 19:56 | riding | Trackback | Comments(0)

Relaxing.....

『みなしゃん、こんにちは!』
『ぼく、ておでしゅ、、、』
『まいにち、さむい、でしゅね。』

『でもぼくは、いちにちさんかい、おさんぽしましゅ、、』
『あとはずっと、ふりーすおざぶのうえでしゅよ』
『とうちゃんは、ておじい、っていいましゅ』

『これでおしまいでしゅ』
『ではみなしゃん、おげんきで〜』
e0163202_2052139.jpg

 足腰はちょっと老化してきましたが、まだまだ元気なテオです。
 庭でおもちゃを追いかけて、駆けたりもします。
 犬は歳をとって衰えても、人の老いのつらさのような蔭を背負わず、いつも自然な生命の力に満ちているようです。
 過去や未来の懸念を寄せつけない、今を生きる生き物が傍らにいると、教えられることが度々あります。
[PR]
by musignytheo | 2012-12-08 21:08 | dog | Trackback | Comments(0)

Kante 2

2009 Chardonnay, Kante

 薄目のイエロー。ノンフィルターのため、たくさんの浮遊物が見られる。それをみると、きっと旨味が多く美味しいのだろうな、と思うようになってきた。
 香りは、キャンディにしたレモンやライム、洋梨、パイナップル、小さな白い花の花束、蜂蜜、そして何といっても驚くばかりの豊かなミネラル。フュメのニュアンスもある。
 味わいは、手間をかけて醸された大吟醸酒のようにひたすら清純なのがこの作り手の特徴。やわらかなアタックから、ミッドの味覚はさらりとあっけなく走り去るのだが、アルコールによるボディがしっかりとあって揺るぎがなく、アフターのピュアな酸へと淀みなく繋がってゆく。これほど純粋な透明感をもったワインを私は他に知らない。ビオロジック。
e0163202_1959119.jpg








  牡蠣と下仁田葱のカネロニ・グラタン サフラン風味
e0163202_2004489.jpg

[PR]
by musignytheo | 2012-12-04 20:57 | wine | Trackback | Comments(0)


Wine and Roses, Dalmatian and Labrador.


by musignytheo

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
rose
wine
dog
baking
cooking
garden
riding
chylothorax
essay
classical music
日本酒
cayman
art
outdoor
beer
未分類

フォロー中のブログ

ふらんす物語*とうきょう物語
猫山細道の雑記帳
いつも一緒
猛獣天国
Story Farm
Enjoy! Story...
友だち300人できるかな
「レオンベルガー雑記帳」...
sf→SF
虹のスープ*便り ~恩返...
もの言わぬ仲間たち

link

最新のコメント

> めぐみさん コメン..
by musignytheo at 12:44
初めまして。異臭症で検索..
by めぐみ at 19:41
りゅうたんたんさん コ..
by musignytheo at 20:07

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月

タグ

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

お酒・お茶
花・ガーデニング

画像一覧