<   2011年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧

Vendanges Sélectionnées

2004 Volnay Vendanges Sélectionnées, Michel Lafarge
 
 グラスのエッジにオレンジ色が見えはじめた、濃いめのルビー色。澱は僅かに。
 ミルティーユのコンフィ、スミレの花、リコリス、キーマン・ティー、シガー、ブラウンマッシュルーム、黒土、湿った枯れ葉など、熟成がはじまった良質なヴォルネィの香り。ヴィンテージの弱さを感じない。
 味わいは、上質な酸、集中力のあるミッド・パリット、アフターの熟れたタンニンと上手にまとまっている。ビオディナミ。
e0163202_2031887.jpg



ポルチーニと甲州地鶏のフリカッセ
e0163202_2032217.jpg

 
[PR]
by musignytheo | 2011-03-31 20:33 | wine | Trackback | Comments(0)

Vilmart

 震災の少し前、誕生日をささやかに祝いました。

1999 Vilmart Cuvée Création

 輝きのあるやや淡い黄金色。泡はクリームのようで持続力がある。
 紅いリンゴや洋梨のコンポート、マルメロ、タラゴン、焼きたてのパン、ミネラル、ドライフィグ、ドライアーモンド、マシュルーム、溶かしバター、カスタード。特にアカシアの蜂蜜香を強く感じる。
 味わいは、なめらかな泡の刺激が心地よく、酸と甘みのバランも良い。旨味の多いミッドは厚く、余韻に複雑性や味わいの深さを感じる。
e0163202_19141618.jpg



舌平目のアルベルト風
e0163202_19153921.jpg

[PR]
by musignytheo | 2011-03-28 19:16 | wine | Trackback | Comments(0)

Budding 3

Evelyn (エブリン)

 この場所に植えてから、十年以上がたちました。
 やや樹勢が弱ってきているようで、大きく土を入れかえたほうが良いのかもしれません。
 去年よりはすこし遅れていますが、何とか芽も育ってきました。
e0163202_2134649.jpg



この香りを愛さない人はいない、と言っても大きく過たないでしょう。
甘くふくよかでありながら、花の初めから終わりまでフレッシュさが失われない希有な芳香をもったバラだと思います。
e0163202_219482.jpg

[PR]
by musignytheo | 2011-03-27 21:09 | rose | Trackback | Comments(2)

Viola flowers

ヴィオラの花が、ほとんど満開になりました。
寒い日がつづいていますが、花は日照時間を知っているのでしょう。
彼岸にはいる少し前から、急に活気づいてきました。
e0163202_1981572.jpg



 暮れる直前の夕陽さえ、明るくなってきたこの頃。
 花の香りは日中より冴えるようです。
e0163202_19111428.jpg

[PR]
by musignytheo | 2011-03-26 19:14 | garden | Trackback | Comments(0)

Rosemary

朝、ふと気づくと、裏庭でローズマリーが咲いていました。
とくに撒いたわけでもないのに、おそらく鉢植えからこぼれた種から、成長したようです。
e0163202_2044198.jpg




氷点下の寒さにもかかわらず、青紫の花の色と霜にもまけないいきいきとした緑の葉の色が、気持ちをたかめてくれるようでした。
手にとると、いつものすうっと鼻腔の奥に沁みるような香り。
ローズマリーの香りは、わたしには、たとえばラベンダーのように癒したり落ちつかせたりするものではなく、清めたり肩をそっと後押してくれたりと、純化と促進の印象をもたらすようです。
e0163202_20404582.jpg

[PR]
by musignytheo | 2011-03-25 20:46 | garden | Trackback | Comments(0)

Budding 2

先週末はあたたかだったので、バラの芽もだいぶ萌してきました。


Butterscotch (バタースコッチ)
 南側に面し、レンガの塀からたくわえられた熱を受けるためか、いつも一番はやく芽がそだちます。
e0163202_19285262.jpg



Sombreuil (ソンブレイユ)
 こんなふうに下を向いた芽は掻きます。
 この時期、芽掻きは良いステムを育てるために大切な作業です。
e0163202_19314075.jpg



Cocktail (カクテル)
 いち早く咲きはじめる品種です。
e0163202_19334039.jpg
e0163202_19372561.jpg

 

Mary Rose (メアリー・ローズ)
 鉢植えからこの春、地におろしました。
 芽の時を過ぎて、すでに五枚葉をみせています。
e0163202_19413723.jpg

[PR]
by musignytheo | 2011-03-22 19:44 | rose | Trackback | Comments(2)

Optimism

「いつも体が揺れているような気がします。停電した暗い部屋に一人でいると、押しつぶされそうな気がしてとても怖いです」
 第二次大戦で兄弟を失い、数年前病気でご主人に、さらに不慮の事故で昨年息子さんに先立たれた老女は、おおきくまがった腰を丸椅子にあずけ、くぼんだ眼窩の奥からおびえたような視線を私にむけておっしゃいます。
 ご主人が逝かれたとき、しばらく無口だった彼女。
 息子さんが逝ったときにはあふれる涙がこらえきれず、ひとしきり診察室ですすり泣いていらしゃった。
 しかし、二ヶ月がたち、三ヶ月、半年とすこしずつ彼女が表情にやすらぎをとりもどしていったことを、私ははっきりと覚えています。

 私は仕事柄、たくさんの別れに接してきました。
 たえがたい悲しみにあっても、突然絶望の淵に落とされても、人はきっと立ちなおることができる。
 そういう人間の秘めた力を、教えられてきました。

 いま私たちに求められていることは、被災者の皆さんがそなえた心の力を信じ、精一杯支援することではないでしょうか。


「放射能がやってきて、ここには住めなくなるのでしょうか。そう思うと、いまご飯が食べられること、あたたかく暮らせていることがしあわせです。いつも見慣れた遠くの山がきれいに見えました」
 花粉症の薬をとりにきて、こういったのは、まだ二十歳そこそこの若者です。
 最後の一言が、私の気にかかりました。
 こう世界を見てしまう彼の瞳をのぞきながら、芥川の「末期の眼」を想い浮かべました。
 死を決意すると世界が氷のように透み渡って自然がこのうえなく美しい、と書いた芥川の「眼」です。
 若者の心をおおっているあきらめの感情が、彼の瑞々しい肉体とあまりに不釣り合いに思えました。

 先週末発売された週刊各誌は、いっせいに原発事故が危機的であるとつたえたようです。
 まったく予断がゆるされないことは、間違えなさそうです。
 外国人が東京を去ってゆく後姿に、恐怖が増幅される心地がします。
 東日本にはもう住めない、西に移動しよう、と煽動するうごきもあるそうです。

 昨夜犬の散歩に出かけたら、週末なのに街はひっそりとしていました。
 月が家々の屋根を青白くうつしだし、あたりに寂寞とした空気が満ちていました。
 被災しなかった私たちが萎縮してしまえば、経済は一層冷え込み、今後何年もかかるであろう復興の妨げになります。
 「末期の眼」という日本人特有の美意識は、ここでは封印すべきでしょう。
 今は破滅を近寄せるだけです。

 消防隊員のまさに命をかけた放水、自衛隊員の決死の作戦。
 美しい心をもった勇士を育んだ日本を、信じたい!
 今私たちが忌むべきものは、風評であり、放棄であり、悲観です。

「私は大丈夫だと思う、臨界なんてないよ、きっとしずまるから」
 にこやかにおっしゃったのは、肺気腫なのに煙草をやめるつもりのないSさん。
 耳元に来るいつもの大きなだみ声が、はじめて心地よく感じられました。
「あんた日本人を信じなさいよ、日本人の英知を」
 東大の工学部で学び、一部上場大企業の副社長をつとめたこともあるSさんには、良い意味でのオプティミズムがあふれていました。
 重みのある彼のことばは、私の考えを強く後押ししてくれました。

 停電を経験し不自由な生活のなかで考えると、経済活動とは人やものの移動、つまりエネルギーの消費を必ず伴うものだと痛感します。
 そのエネルギーのほとんどは、化石燃料だと。

 今週後半には、製油所の機能は回復し、ガソリンも灯油も次々と供給されてくるようです。
 被災者を支え、今後日本が立ちなおっていくためには、ペシミズムに浸っている時間はありません。
 「末期の眼」は今は不要です。
 まずは普段どおりに、いつもやってきたように行動したいものです。
 停滞していた経済がさらに沈下してしまっては、被災者を充分助けられません。
 その上で、長期的なエネルギーに関する政策には、今後全国民が監視の厳しい視線を注ぎつづけることが必須ではないでしょうか。
 風力、太陽光、潮力などクリーンエネルギーへのシフトについても、本気で考えていく必要がありそうです。

 各界から支援の輪が広がっています。
 様々な方法もあるようです。
 被災者の方々がきっと立ちなおってくださること、原発事故がきっと収束することを私は信じます。
 みなさん、日本人の英知を信じましょう。
e0163202_1547027.jpg

[PR]
by musignytheo | 2011-03-20 15:28 | Trackback | Comments(4)

Wind

福島第一原発の事故は、憂慮される事態になってしまいました。
INES Level 5 以上は明らかで、スリーマイル島事故は越えたようです。

なかからの情報のみですと客観視できないと思い、アメリカ、イギリス、ドイツのメディア情報を読みこんでみました。
みな日本の報道よりも深刻です。

東京にさえ住めなくなるようなチェルノブイリの再来はなくても、関東一円に屋内待避が発令される可能性は否定できません。

ドイツ Spiegel誌のシミュレーションをご参考に。

パニックにならず、冷静に行動することが重要でしょう。
風向きに関心をお持ちください。

原発事故がコントロールされ、被災者の方々に確実に物資が届き、一日も早く復興に道筋がつくことを祈ってやみません。
e0163202_1254167.jpg

[PR]
by musignytheo | 2011-03-16 12:07 | Trackback | Comments(0)

停電情報

3月15日から18日までの計画停電情報です。
まずはご自宅のエリアを確認して下さい。
時間帯はのとおりです。
e0163202_18244241.jpg

[PR]
by musignytheo | 2011-03-15 09:35 | Trackback | Comments(2)

お見舞い

 「東北地方太平洋沖地震」において被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。
 また、犠牲になられた方々とそのご遺族に、深くお悔やみ申し上げます。

 大震災に見舞われながらも、気丈に冷静に対処されている被災者の方々の姿をメディアで拝見し、同じ日本人として誇りに思います。

 わたしたちに出来ること。
 節電、支援、そして祈ることくらいしかありません。

 一日も早い復旧と、皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます。
e0163202_1143172.jpg

[PR]
by musignytheo | 2011-03-14 11:47 | Trackback | Comments(2)


Wine and Roses, Dalmatian and Labrador.


by musignytheo

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
rose
wine
dog
baking
cooking
garden
riding
chylothorax
essay
classical music
日本酒
cayman
art
outdoor
beer
未分類

フォロー中のブログ

ふらんす物語*とうきょう物語
猫山細道の雑記帳
いつも一緒
猛獣天国
Story Farm
Enjoy! Story...
友だち300人できるかな
「レオンベルガー雑記帳」...
sf→SF
虹のスープ*便り ~恩返...
もの言わぬ仲間たち

link

最新のコメント

> めぐみさん コメン..
by musignytheo at 12:44
初めまして。異臭症で検索..
by めぐみ at 19:41
りゅうたんたんさん コ..
by musignytheo at 20:07

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月

タグ

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

お酒・お茶
花・ガーデニング

画像一覧