<   2010年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

酒座 輝

酒座「輝」は、いい。
カウンター席だけのこじんまりとした店だが、日本的な細やかさ心配りが随所に伺える。
かといって堅苦しさとは無縁で、いつも家庭的な寛ぎのなかで酒を楽しむことができる。


先付 豆腐と野菜の味噌田楽
味噌の味が奥深い。
e0163202_20101525.jpg



椀物 イナダの吸い物
輝の出汁にはいつも心奪われる。
e0163202_20133160.jpg



向付 マグロ、アコウダイ、メヌケの刺身とサンマの炙り
メヌケは特に良かった。
e0163202_20161197.jpg



八寸 タコの煮物、鹿のローストなど
すべて良い仕事がなされていた。
e0163202_2018860.jpg



強肴 海老を使った創作料理
マイクロトマトが一興。
e0163202_20224278.jpg



土瓶蒸し
松茸は秋の香り。
e0163202_20242866.jpg

この後、日本蕎麦や水菓子。

酒は「こなき純米」
作り手はウェブがお好きでないようなので、写真は撮らず。

十年以上前から旨い刺身が食べたくなると通っていました。
料理もいいが、ご主人と奥様の人柄がいい。
もてなしがあたたかい。

音楽でも作曲家でも演奏家でも。絵でも画家でも、小説でも小説家でも。
特に想いが深いものについて饒舌でありたくない。
胸の奥で感慨を深めていられればそれでよい。
なぜか昔からそう思うのです。
だからこれまで「輝」については書きませんでした。
今日も、書くのはこれだけです。
[PR]
by musignytheo | 2010-09-27 20:46 | 日本酒 | Trackback | Comments(0)

Afternoon snack 3

家のなかからママの足音が。
おやつかな?
早く来ないかなぁ。。。
e0163202_20145668.jpg



テオはいつも、待っています。
晴れた日も。
e0163202_20154928.jpg



曇りの日も。
e0163202_2017055.jpg



ああ、おいしかった!

これでおわりでしゅ。
みなしゃん、おげんきで。。。。
e0163202_20185157.jpg

[PR]
by musignytheo | 2010-09-26 20:20 | dog | Trackback | Comments(0)

Lamborghini

ソレママさんとワイン会、後編。


2003 Campoleone, Lamborghini, Umbria Rosso IGT

 とても濃い情熱的なルビーレッド。澱が多い。
 ブラックベリーやダークチェリーのジャム、タイム、オレガノ、黒いスパイス、さびた釘、なめし革、ビーフジャーキー、フュメ、タール、ブラウンマッシュルーム、黒土。
 甘苦いタンニンを多量に含み、酸も充分。長い寿命が約束されている。旨味成分も多く、かなり楽しめるワイン。かのスーパーカーは知るには遠すぎるが、これは手にとり味わってすばらしさを満喫できる。
e0163202_1993723.jpg



ファルファッレ 三種のチーズのソース
e0163202_1911028.jpg

[PR]
by musignytheo | 2010-09-25 19:12 | wine | Trackback | Comments(0)

Sassaia

ソレイユのママさんをお招きしてのワイン会、前編。


2008 Sassaia, Angiolino Maule

 中くらいの濃さの微かに混濁したイエロー。
 すだち、レモン、ゴールデンデリシャス、若めのパイナップル、タイム。ミネラル香が強い。糠床のような還元香が少し。
 微々発砲している。ミネラル豊かで酸も充分。後から旨味が、尽きることなくわき上がってくる。ミッドも厚い。ガルガーネガの特徴を生かし、更に独自の個性を与えることに成功している。脱帽。ビオロジック。
e0163202_20322964.jpg



ムール貝の白ワイン蒸し
e0163202_20335367.jpg



シラスのフリッタータ
e0163202_20343617.jpg



マグロのカルパッチョ アンチョビ・オイルソース
e0163202_20352535.jpg

   
                                           つづく
[PR]
by musignytheo | 2010-09-23 20:36 | wine | Trackback | Comments(0)

Theo's ten-year-old birthday

20世紀最後の年のハロウィーンの夜、テオが我が家にやってきました。
それから10年。
テオもすっかりこの家になじみました。

小悪魔的でちょっぴり毒があり、けんかっぱやくて無鉄砲。
石ころを何十粒も食べちゃうし、雄犬と見ればどんなに強そうでもかかっていく。
トレリスは自慢の顎ですべてなぎ倒し、裏庭の芝生はおしっこで壊滅させる。
さすがハロウィーンの夜に登場した彼、平凡とは違いました。
でも甘えん坊でさみしがりや。
人間は誰でも大好き。
呼べばいつでも駆けてくる。
憎めないところもあります。
今では私たちにとってかけがえのない家族の一員です。
e0163202_19133618.jpg



誕生日のおやつ、第一弾はソレママさんからいただいたグリニーズ。
テオの大好物です。
伏せて待ちながら、よだれが出ちゃってますね。。。
e0163202_19214090.jpg



『よしっ!!』
歯磨き用なので、早食いテオでも時間がかかります。
e0163202_19225044.jpg



ああ、おいしかった!
父ちゃんの手についたおやつの匂いに惹かれて、ぺろん。。。
e0163202_19245536.jpg




すっかりご機嫌のテオでした。
第二弾は、秘密だよ。
また明日ね。
e0163202_19265949.jpg

[PR]
by musignytheo | 2010-09-20 19:30 | dog | Trackback | Comments(4)

菊姫BY大吟醸

菊姫大吟醸20BY
 
 うっすら麦藁色がかり、澄んでやや粘性を感じる液体。
 抜栓とともに洋梨やメロンのような吟醸香が立ちのぼる。口に含むとアモンティヤードのような熟成香が口から鼻腔に抜ける。昨年一年ものを購入し、冷蔵庫で保存していた。
 濃厚で芳醇な飲み口。アルコールは17-18度と記載されているが、苦味、甘味、酸味、旨味のバランスが良いため軽やかに感じる。しかしさすがに余韻が長く、菊姫らしい造り。淡麗辛口とは一線を画す独自の個性が際だっている。
e0163202_19284461.jpg



由比浜直送の釜揚げしらすとだだちゃ豆
e0163202_19294051.jpg



鰈の縁側の一夜干し
e0163202_1932226.jpg



地鶏と里芋の炊きあわせ
e0163202_19312818.jpg

[PR]
by musignytheo | 2010-09-19 19:33 | 日本酒 | Trackback | Comments(0)

Félix Thiollier

フェリックス・ティオリエ展に行ってきました。
このところ Émile Zola の Les Rougon-Macquart にはまっているので、ちょうど興味深くはいりこめました。
生の力強さ生々しさを、百年の時間をへだてても臨場感豊かに再現する力を有した写真なのですが、同時に静謐な美しさも具えています。
e0163202_1929212.jpg



晩年のオートクロームの写真も展示されていましたが、急に色を見せられると何か露骨な感じがしました。
モノクロって、なかなかいいなと思った鑑賞でした。
そこでちょっと真似してみようなどと、変な気を起こすのが凡人です。

白いパンジー。
e0163202_1938585.jpg



グラハム・トーマス。
e0163202_19402254.jpg



ヴァリエガータ・ディ・ボローニャ。
e0163202_21154785.jpg



ボローニャをセピアで。
e0163202_1942564.jpg

[PR]
by musignytheo | 2010-09-17 19:44 | art | Trackback | Comments(0)

Wedding story

先日、ストーリー・ファームのコパちゃん・愛さんの結婚式がありました。
エントランスには、幾度も目にした懐かしい看板が。
この看板を越えて彼らの世界に入っていく。
そこにはいつも、素敵なストーリーが待っていたものです。
e0163202_19222234.jpg



ホールのあちらこちらに、スタッフたちとの想い出の写真が飾られています。
そして眼下には葉山の海、輝くエメラルドの海がどこまでも広がっていました。
e0163202_19243273.jpg



和装の似合うふたり。
式は和やかであたたかい雰囲気のなかすすみました。
e0163202_19292323.jpg



石川さんご夫妻をはじめ、動物王国のスタッフの方々もたくさんいらしていました。
半ばを過ぎ、お色直しに立ったふたりがなかなか戻ってきません。
そのうちに趣向を凝らしたフランス料理のメインも終わり、デザートは階下でとアナウンスが。
もしや、サプライズ?
蹄鉄をイメージした、ストーリー・ファームにぴったりのケーキに感心していたら。。。
e0163202_19355062.jpg



エントランスから現れたのは、シシに乗った愛さんと、手綱を引くコパちゃんでした。
会場からはどよめきが。
その美しさといったら、例えようがありません。
感動がこみあげ一瞬涙で眼前がぼやけましたが、気がつくとシシの顔を抱きおめでとうをくり返していました。
さすが、ストーリー・ファーム。
やられたぜ!!
e0163202_1942826.jpg



おふたりもケーキのデザインを事前に知らされていなかったようで、感動しています。
すばらしいシェフの心遣いでした。
e0163202_19453279.jpg



花々で飾られたシシマルは、駐車場でお利口にしていました。
会場でも終始おちつき、ともに喜びをわかちあっているようでした。
e0163202_19472148.jpg



帰りに立ちよった「葉山ストーリー・ファーム」。
ここからまた、すばらしいストーリーがたくさん生まれることでしょう。
e0163202_19494454.jpg



お留守番のハヤテとクラウス。
とても人懐っこい二頭でした。
こんど遊びにくるからね。
e0163202_19522457.jpg

当日は、お忙しいところMさんが逗子駅からの送り迎えを引き受けてくださいました。
どうもありがとうございました。
[PR]
by musignytheo | 2010-09-16 19:55 | riding | Trackback | Comments(0)

Michel Lafarge

2001 Volnay Vendanges Sélectionnées, Michel Lafarge

 レンガ色の強い明るめのガーネット色。澱は多い。
 ラズベリーやレッドカラントなど赤系果実のジャムの香りが、まず立ちのぼる。つづいてなめし革、紅茶、中国茶、シガー、湿った枯れ葉などの典型的な熟成香が現れる。抜栓とともに部屋中に芳香が漂った。今がピークのようだ。
 持続力のある酸、甘苦いタンニン。ミッドは力不足だが、終始エレガントな雰囲気に包まれる。タイミングが叶ったブルゴーニュは、驚くほどすばらしい。ビオディナミ。
e0163202_1993252.jpg

Grande l'Epicerie のパン、惣菜とともに。
[PR]
by musignytheo | 2010-09-13 19:11 | wine | Trackback | Comments(2)

Theo in the garden 2

こんにちは。
ぼく、ておでしゅ。
まいにち、あついでしゅね。
きょうは、ぼくのげいをおみせしましゅ。
e0163202_205093.jpg


じゃ、いきましゅ。
e0163202_206159.jpg



せーの。
ごろーん、っと。。
e0163202_2072342.jpg



「てお、ごろーん」でした。
みなしゃん、あそびにきて、ぼくにごろーんって、いってみてね。
いつでもごろんしましゅよ!
e0163202_209107.jpg



これでおしまいでしゅ。
みなしゃん、おげんきで。。。
e0163202_20101314.jpg

何の芸もないテオですが、そばで勝手なことをしている様子を眺めていると、面倒な庭仕事が楽しくなります、笑。
[PR]
by musignytheo | 2010-09-12 20:11 | dog | Trackback | Comments(2)


Wine and Roses, Dalmatian and Labrador.


by musignytheo

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
rose
wine
dog
baking
cooking
garden
riding
chylothorax
essay
classical music
日本酒
cayman
art
outdoor
beer
未分類

お気に入りブログ

ふらんす物語*とうきょう物語
猫山細道の雑記帳
いつも一緒
猛獣天国
Story Farm
Enjoy! Story...
友だち300人できるかな
「レオンベルガー雑記帳」...
sf→SF
虹のスープ*便り ~恩返...
もの言わぬ仲間たち

link

最新のコメント

わかなさん そうですか..
by musignytheo at 08:45
早速のお返事をありがとう..
by わかな at 21:00
わかなさん 私の場合、..
by musignytheo at 17:13

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月

タグ

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

お酒・お茶
花・ガーデニング

画像一覧