<   2010年 03月 ( 22 )   > この月の画像一覧

Spring flowers

近所の土手沿いに、桜が咲きほころんでいました。
ヨシノベニサクラ、ヒガンサクラ、ソメイヨシノなど数種類が、それぞれの季節を知るかのように、満開だったり、三分咲きだったり、散りはじめていたり。
e0163202_19562598.jpg



ある一角をとおり過ぎようとしたとき、目の覚めるような芳香に脚がとまりました。
桜の枝をもって花に近づけたり、身をのり出してそこらの草花のにおいを嗅いだりしても正体が分かりません。
土手の柵を越え、落ち葉に踏みいってゆくと。
香りでとおりかかる人々を慰めていたのは、小さな花弁の野趣ある黄水仙でした。
e0163202_2041930.jpg

帰宅して調べると、ジョンキル水仙という名のようです。
庭にはバラばかりで、勿論バラの芳香も好きなのですが、実は最も心をうばわれるのは、梅や沈丁花など日本の花のものです。
この黄水仙の匂いもかなり気にいりました。
我が家の庭にも数株ほしいなと思っています。
[PR]
by musignytheo | 2010-03-31 20:11 | garden | Trackback | Comments(0)

Basal shoots 2

エブリンの根元から、立派なシュートが伸びてきました。
basal shootといえば、普通、春の花のあと現れる新しい枝のことを指すと思うのですが、この時期に伸びてきた枝は何と呼んだらいいのでしょう。
e0163202_1903794.jpg

元気なことには違いないですので、成長を見守っています。
[PR]
by musignytheo | 2010-03-30 19:04 | rose | Trackback | Comments(0)

手取川

手取川 古古酒大吟醸

 ほんのりと砥粉色をおびてとろっとした酒質。
 熟成による老ね香がまず立つ。梅の花、アカシア、花梨や洋梨のコンフィのような吟醸香。オロロソのような香りも。
 味わいは、酸は控え目だが乳酸が主体でまろやか。複雑な旨味やコクを感じる。後口の微かな苦みが上品。全体として都雅な雰囲気で大人しくまとまっている。したたかな個性を隠しもっているのだが。
e0163202_1858723.jpg



両親を呼んで食事。
向付の刺身。
e0163202_1931746.jpg



蛸とセロリとミョウガのの和え物
e0163202_194316.jpg


その他、刺身盛り合わせ、青梗菜と帆立の炒め物、中華風おこわ、杏仁豆腐など。
[PR]
by musignytheo | 2010-03-29 19:07 | 日本酒 | Trackback | Comments(0)

Budding 5

ここ数日寒い日がつづいていますが、バラは成長の歩みをゆっくりと、でも確実に進めているようです。


オールド・ローズのVariegata di Bologna。
葉はパロットグリーンのやさしい色合いです。
e0163202_18531144.jpg



Sombreuilの芽もずいぶん育ち、五枚葉をたくさんつけていました。
e0163202_1943969.jpg



霜よけのため軒下にあった鉢植えのFalstaff。
気付かぬうちに冬の眠りから覚めていました。
e0163202_19144472.jpg

週明けには強い寒気が南下するとのこと。
予想最低気温が氷点下となっています。
新芽がやられやしないかと気を揉みそうです。
[PR]
by musignytheo | 2010-03-27 19:16 | rose | Trackback | Comments(0)

Bad company

Theo: 「きようは、いいおてんきでしゅ。。。きもちいいな!」
e0163202_18542641.jpg



Black & White: 「おーい、ておくーん。。。」
Theo: 「?だれかな? どこかな??」
e0163202_1857456.jpg



Black & White: 「こっちだよー、ほら。。。」
Theo: 「あ、そんなにたかいところにいたんだね、おりてきてよ!」
e0163202_18592134.jpg



Theo: 「しろとくろで、へんなおかおでしゅねー。。」
Black & White: 「ておちゃんだって、しろくろじゃない!!」
e0163202_1912849.jpg



Theo: 「そっか、ぼくもしろくろかー、、おとなりのホクちゃんみたいに、ちゃいろがよかったな。」
Maman: 「テオのもようは、とってもかわいいのよ!」
Theo: 「ほんと? ありがと、まま」
e0163202_1943211.jpg

今朝4時半頃、庭でテオが悲しそうに鳴く声を聞き目覚めました。
しばらくベッドで様子を伺っていましたが、切実な声色になってきたので飛び起きました。
二階から覗くと、テオは庭の隅でお座りし、空を見あげています。
呼んでも動きません。
怪我でもしたのだろうか、具合が悪いのかもしれない。
慌ててスリッパのまま庭にかけだし体を撫でると、千切れそうなくらい尻尾を振って喜んでくれます。
どこにも異常はなさそうです。
充分可愛がられて満足すると、テオは自分から小屋に帰っていきました。
怖い夢でも見たのでしょうか。

テオらしい、ストーリーです。
世話のやける、でも憎めないテオでした。
[PR]
by musignytheo | 2010-03-26 19:13 | dog | Trackback | Comments(0)

Jude the Obscure & Evelyn

グラハム・トーマス(Graham Thomas)やソンブレイユ(Sombreuil)につづき、エブリン(Evelyn)やジュード・ジ・オブスキュアー(Jude the Obscure)も芽吹いてきました。


エブリンは移植後10年以上経つ株です。
南西に面しており、大きく育ちます。
満開になると、一株で庭じゅうを芳香に包む力を持っています。
e0163202_19402777.jpg



ジュード・ジ・オブスキュアーも、植えてから4−5年が過ぎました。
樹の力はいまが最も盛んなのでしょうか、去年はたくさんの良いベイサル・シュートを出してくれました。
右がエブリン、左がジュードです。
e0163202_19472131.jpg

昨日からの冷たい雨で、バラたちの生長も一休み。
写真は先週末のものです。
[PR]
by musignytheo | 2010-03-25 19:48 | rose | Trackback | Comments(0)

Mâcon-Verzé

2006 Mâcon-Verzé, Domaines Leflaive

 透明感のあるレモンイエロー。
 白い花、タンジェリン、洋梨、白桃、カモミール、オレガノ、タラゴン、アニス。果実やハーブの複雑さをまず感じる。グラスの底からミネラル、ローストしたナッツ、バニラ、蜂蜜、マルメロの甘く密度の濃い香り。
 美しい酸が終始持続するため、香りの印象はとても甘やかなのに切れよく味わえる。コクや中盤の厚みもあり、並のコート・ド・ボーヌのヴィラージュワインを軽々と超えている。とにかく品良く美しい。さすがルフレーヴ。ビオディナミ。
e0163202_18564664.jpg



フォアグラ入り牛テールのテリーヌ
e0163202_18572874.jpg



豚足とレンズ豆のサラダ
e0163202_18581595.jpg



カレー風味のサーモンとキャベツのクリスティアン
 グリーンピースのピュレ、ハーブのヴィエルジュ風ソース
e0163202_18594399.jpg

[PR]
by musignytheo | 2010-03-24 19:01 | wine | Trackback | Comments(0)

Spring is here!

庭にでて、じっと耳を澄ます。
風の音をきく。
その匂いを確かめる。

朝。
空気はまだ冷えているが、たしかに春の気配を感じる。

人の感覚を、五感と現すことがあるけれど、もっともっと多くの感覚があるんじゃないかな。
たとえば、空気の湿り具合を感じることができる。
春のは冬の頃よりちょっとだけ湿っている。
日々目まぐるしく気圧が変化してゆくのもわかる。
いったいどの器官でそれを察知しているのか、自覚できないけれど。

春の朝、寒暖計のさす温度は低くても、寒さに厳しさが伴わない。
気温のみで表されない、地表の温度、樹々や建物の温度を感じているのかな。

溢れんばかりの光の豊かさは、季節の変化を最も感じさせてくれる。
これも視覚のみにたよっているわけじゃなくて、皮膚の温覚とか、脳裏からふっと浮かびあがる春の陽光によせる記憶なんかをくみ合わせ、このいまの感覚としているような気がする。

春がきた、と思うのに、私たちは意識の外でかなり複雑な感覚を統合しているようだ。
朝、庭にでたら、そんなことを考えていた。



パンジーは、今が盛り。
暖かくなりすぎると、花がだれて下品になるので、この時期が一番だと思います。
e0163202_18595570.jpg



グラハム・トーマス(Graham Thomas)の芽も、いっそう成長してきています。
e0163202_1911695.jpg



テオも春がわかってか、快活になってきました。
もちろん、暖かい玄関先でのお昼寝は大好きです。
e0163202_193763.jpg

[PR]
by musignytheo | 2010-03-22 19:09 | garden | Trackback | Comments(0)

Farewell party 2

1999 Château Pavie Macquin

 レンガ色がかった濃いガーネット色。澱は多い。
 抜栓とともにカシスのリキュールのような豊かな果実実がとどく。チェリーのコンフィ、赤いバラ、ミネラル、黒いスパイス、鉛筆、赤身の生肉、レザー、バニラ、黒土。そして黒黴の香りの背後から微かなトリュフ。
 味わいは、サンテミリオン的おおらかさと、メドック的な緻密な酸やタンニンに裏打ちされた厳格な構造をあわせもっている。甘苦くやわらかく膨らみがあるのにスタイリッシュ。アンビバレントで面白い。
e0163202_20443521.jpg



ローストビーフ
e0163202_20453327.jpg



グラタン・ドフィノワ
e0163202_2046978.jpg



食後酒は、
Amontillado Viejo, Zuleta。
長い熟成を経た紹興酒の趣。
シガーなら、Davidoffの現代的だがデモーニッシュなやつが合いそうだったが、翌日の仕事に退廃を残すわけにもいかず、断念。
e0163202_2053504.jpg

ソレママさんのご活躍を確信した会でした。
[PR]
by musignytheo | 2010-03-21 20:57 | wine | Trackback | Comments(0)

Farewell party 1

ソレイユのママさんは、4月から生まれ故郷の都内に勤務されることになりました。
新たな門出を祝して、壮行ワイン会をしました。


2006 Saint-Aubin En Vesvan, Pierre Laforest

 中位の濃さの澄んだイエロー。
 白い花、ネクタリン、洋梨のコンフィ、溶かしバター、ローストしたナッツなど、素性の良い香り。
 味わいは、まろやかで膨らみがあるのが特徴。アフーターに洗練された苦み。コンパクトだが良くまとまっている。
e0163202_19424514.jpg



 春のマリネ(ホタルイカ、スモークサーモン、タコ、空豆、グリーンアスパラガス、菜の花)
e0163202_19435845.jpg

                                            つづく
[PR]
by musignytheo | 2010-03-20 19:45 | wine | Trackback | Comments(0)


Wine and Roses, Dalmatian and Labrador.


by musignytheo

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
rose
wine
dog
baking
cooking
garden
riding
chylothorax
essay
classical music
日本酒
cayman
art
outdoor
beer
未分類

お気に入りブログ

ふらんす物語*とうきょう物語
猫山細道の雑記帳
いつも一緒
猛獣天国
Story Farm
Enjoy! Story...
友だち300人できるかな
「レオンベルガー雑記帳」...
sf→SF
虹のスープ*便り ~恩返...
もの言わぬ仲間たち

link

最新のコメント

わかなさん そうですか..
by musignytheo at 08:45
早速のお返事をありがとう..
by わかな at 21:00
わかなさん 私の場合、..
by musignytheo at 17:13

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月

タグ

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

お酒・お茶
花・ガーデニング

画像一覧