<   2010年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧

Sour Cherry Pie

サワー・チェリー・パイ   by N。
e0163202_20151079.jpg



ハンガリー産、サワーチェリーのシロップ煮をつかいました。
e0163202_20164777.jpg

[PR]
by musignytheo | 2010-02-28 20:16 | baking | Trackback | Comments(0)

Polpolone

家でお菓子教室。     by N。

ポルポローネ
スペインのアンダルシア地方に伝わる起源の古いお菓子です。
アーモンドプードルをふんだんに使い、口の中でふわっと雪のように溶けています。
e0163202_19151.jpg

[PR]
by musignytheo | 2010-02-27 19:01 | baking | Trackback | Comments(2)

Julien Barraud

2006 Macon-Chaintré les Pierres Polies, Julien Barraud
 
 輝くイエロー。時間とともに濃さが増した。
 グラスに鼻を近づけなくても次々と芳香がとどく。ライム、白い花、白桃、ネクタリン、洋梨のコンフィチュール、オレガノ、タラゴン、蜂蜜、ミネラル。爽やか。
 味わいはふくよかで、中間も充実している。アフターに長くミネラルの余韻。樽っぽさは全くなく、どこまでもクリーンでフレッシュ。しかししっかりとしたコアがある。すばらしい。カリテ・プリ。
e0163202_1905879.jpg



生タラのムニエル ドライ・トマト添え
e0163202_1915236.jpg



ファルファッレ グリーンアスパラガスのソース
e0163202_1924198.jpg

[PR]
by musignytheo | 2010-02-25 19:02 | wine | Trackback | Comments(0)

Art Forest

Theo: 「きょうは、おひさまがあったかいです。ぱぱとままとおさんぽにきました。。」
e0163202_1855723.jpg



Nyan-nyan: 「あら、ておちゃん、またおさんぽね。。。かえりにいっしょに、ひなたぼっこしましょうよ・・・」
e0163202_18564253.jpg



Theo: 「たのしいなー。きょうはどっちにいこうかな。。。」
e0163202_1858414.jpg



Maman: 「テオちゃん、うめのはながさきはじめたわよ、見にいきましょうね・・・」
Theo: 「いいにおいでしゅ。。。」
Papa: 「きれいだね。香りもいいしね。」
e0163202_1957224.jpg



Theo: 「おさんぽは、たのしいでしゅね。。。」
e0163202_19583782.jpg

日差しはもう春。
あたたかい陽気に、テオもご機嫌でした。
[PR]
by musignytheo | 2010-02-22 20:00 | dog | Trackback | Comments(0)

Châpeau de Napoléon

店先で、ふと手を伸ばしたバラ。
手にしてしまったら、結果は自明のこと。
家にもどりさっそく鉢に植えかえました。
e0163202_1647060.jpg



Châpeau de Napoléon
e0163202_16434637.jpg

ガクの形がナポレオンの帽子に似ている事からこう呼ばれているそうな。
モスローズと記載されているのを目にすることがありますが、分類上はCentifolia Roseです。
蕾の優雅さが何とも魅力的。
香りもすばらしいとのこと。
以前から欲しいと思っていた品種でした。
春が楽しみです。
[PR]
by musignytheo | 2010-02-21 16:52 | rose | Trackback | Comments(2)

Brioche

発酵バターのブリオッシュ   by N。
e0163202_21251895.jpg

[PR]
by musignytheo | 2010-02-19 21:26 | baking | Trackback | Comments(0)

Trinchero

1997 Barbera D'Asti Vigna del Noce, Trinchero

 かなり濃いまだ若さを残したガーネット色。この色からしてただのバルベーラとは考え難い。澱は少量。何と12年以上を経て最近蔵出ししたという。
 まず赤系果実のコンフィチュール、スミレの花のような豊かな香りが立ちのぼる。つづいて、ミネラルやエステル。それに動物の毛やなめし革などのゲイミーな香りが湧きあがってくる。シガーや紅茶などのエレガントな香りも。ゲイム・バードにはもってこい。
 抜栓してすぐに一口含むと、突き刺すような鋭い酸と収斂性のあるタンニンが暴れだし、歯茎がぎしぎしとする程だったので、デキャンタージュして30分待つ。すると意外にあっさり酸は丸くタンニンは滑らかに落ち着いた。時間をかけて飲み進めると、この豊かな酸の力に魅了されていった。
 バルベーラで美味しいと思ったワインは、これが初めてではないか。非常にポテンシャルが高い。まだ10年以上熟成が可能だろう。かなり前から有機栽培だが敢えて認証を得ない作り手。ブラボー。
e0163202_1715210.jpg



Magret fumé de canard
これもA フーズさんのお勧め。すばらしく深みのある味わい。
e0163202_17165448.jpg
天然酵母のバケット(ル・ヴィズ)とともに
[PR]
by musignytheo | 2010-02-18 17:19 | wine | Trackback | Comments(0)

Craft Ebbing & Co.

書店でふと目にした、中公文庫「犬」。
主に戰前に書かれた、名だゝる作家の犬にまつはるエッセイ集です。
舊假名遣ひが、當時の雰圍氣を鮮やかにうつしだしてゐます。
e0163202_19482178.jpg

當時犬は、晝間は家に繫ぎ夜は道端へ放すのが一般的だつたやうで、勿論現代と感覺の異なる點はあるのですが、犬によせる愛情や犬と暮らす喜びは何らかはつてゐないのだと思ひました。
そこに暮らす人々の汗の匂ひ、犬の慥かな息づかひが感じられる文章の巧みさもすばらしい。
特に志賀直哉と幸田文、川端康成のに心惹かれました。
犬好きの皆さんにお勸めします。
なほ、同シリーズ(クラフト・エビング商會編)に「猫」といふのもあるやうです。
今度手にいれたいと思ひます。
[PR]
by musignytheo | 2010-02-15 20:04 | essay | Trackback | Comments(6)

Courtiers Selections

1999 Chassagne-Montrachet Clos St. Jean, Courtiers Selections, Lou Dumont

 輝きのある濃いイエロー。液体の粘性が高い。
 洋梨やネクタリンのコンフィ、マルメロ、白い花、ミネラル、蜂蜜、溶かしバター、カシューナッツなどの複雑な香り。抜栓すると部屋中に芳香が漂った。
 味わいは終始バランス良い。アタックからそこそこボリュームがあり、甘味すら感じる。酸のしたたかさ余韻の長さはピュリニー的。これぞカリテ・プリ。クルティエの力、恐るべし。
e0163202_19403032.jpg



リーキのポタージュ
e0163202_19405827.jpg



牡蠣のムニエル ポルチーニ・ソース
e0163202_19414265.jpg

[PR]
by musignytheo | 2010-02-14 19:41 | wine | Trackback | Comments(0)

Walking with Theo

テオと芸術の森公園に散歩に出かけました。
今日も曇って寒い一日でした。
もちろん寒がりのテオは、服を着て出かけました。

Theo: 「ぱぱとままとおさんぽ、うれしいでしゅ。。」
e0163202_17255414.jpg



Nyan: 「あら、ておちゃんいいわね。。パパとママとおさんぽね。。。」
e0163202_17281344.jpg



Theo: 「わーい、しばふのおやまだ!!ん、なんか、いいにおいがしましゅ。。」
Papa: 「テオ、リードをひっぱっちゃだめだよ。」
e0163202_17301931.jpg



Theo: 「はい、ぱぱ。。。んー、でもがまんできないでしゅ、、いっちゃいます!!」
e0163202_17513192.jpg



Papa: 「こーら、何はぐはぐしてるの、テオ? 唇がめくれちゃってるじゃない・・・」
Theo: 「ごめんなしゃい、ぱぱ。。」
e0163202_1757173.jpg



Papa: 「じゃ、ちゃんとおすわりしねさいね」
Theo: 「うん、おすわりしましゅ。。」
e0163202_17592788.jpg



Papa: 「よし、いいこだね! こんどはカモちゃんを見にいこうか。。」
Theo: 「かわいいでしゅね・・・」
e0163202_182101.jpg



Theo: 「ぱぱ、かもちゃんといっしょに、おしゃしんとってください!」
Papa: 「いいよ、じゃ、おすわりしなさい。 いいこだね・・・」
e0163202_1835164.jpg

犬はデリカシーをもった動物です。
人間の極めて微妙な感情の揺れを理解します。
しかし偽ることを知りません。
人間にむかっていつも心を開いています。
犬とともに暮らすことは、人生の最もおおきなよろこびのひとつだと思います。
[PR]
by musignytheo | 2010-02-13 18:11 | dog | Trackback | Comments(2)


Wine and Roses, Dalmatian and Labrador.


by musignytheo

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
rose
wine
dog
baking
cooking
garden
riding
chylothorax
essay
classical music
日本酒
cayman
art
outdoor
beer
未分類

フォロー中のブログ

ふらんす物語*とうきょう物語
猫山細道の雑記帳
いつも一緒
猛獣天国
Story Farm
Enjoy! Story...
友だち300人できるかな
「レオンベルガー雑記帳」...
sf→SF
虹のスープ*便り ~恩返...
もの言わぬ仲間たち

link

最新のコメント

> めぐみさん コメン..
by musignytheo at 12:44
初めまして。異臭症で検索..
by めぐみ at 19:41
りゅうたんたんさん コ..
by musignytheo at 20:07

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月

タグ

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

お酒・お茶
花・ガーデニング

画像一覧